『相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶』映画公式パンフレット

販売価格 500円(税37円)
購入数

『相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶』映画公式パンフレットです。
映画批評家でImage.Fukushima代表の三浦哲哉さんによる映画評、山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局ディレクターの藤岡朝子さんによる松林監督人物評などなど。松林監督の上映会ティーチイン採録も掲載しています。
***
東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内にあ­る南相馬市原町区江井地区。2011年4月3日、津波と放射能汚染と強制退去で様変わ­りしたこの地域で、市議会議員田中京子さんとの偶然の出逢いから、松林の取材生活が始­まる。ときに避難所で寝泊まりしながら、被災の後に流れる特異な時間を現地の人々と共­に生き、その表情と肉声を間近から捉える。
***
映画公式HPは【こちら】

よく一緒に購入されている商品


あなたが最近チェックした商品

おすすめ商品

Mobile